社会医療法人真泉会

今治第一病院

事務部

医事課

医事課では、電話対応、予約受付、入院業務に関することや、外来・入院のレセプト業務、診療録管理業務、 NCD登録、専門医制度に係る諸手続き、施設基準等に関することなどを行っています。
 入院業務では、患者さんが入院中に行った手術や検査、処方などの診療費を計算し、請求書を発行しています。  レセプト業務では、レセプト=患者さんが受けた診療について、各医療機関が市町村や健保組合に請求する医療費の明細書の内容が正しいかどうかを、ひと月分チェックし、毎月10日までに作成・保険請求しています。病院の収入に関わる大切な業務です。

入院費について

入院期間が長くなったり、手術をしたりすると、医療費の負担が多くなってしまいます。そこで「限度額適用認定証」、「限度額適用・標準負担額減額認定証」の申請をし、提示して頂くことにより、1か月分の負担額(保険適用分)が一定の限度額まで軽減されます。該当する方は、各保険者に手続きをお願いします。

国民健康保険・社会保険(70歳未満の方)

区分 所得区分(年収) 自己負担限度額 多数該当
約1,160万円以上
(標準報酬月額83万円以上)
252,600円+(総医療費-842,000円)×1% 140,100円
約770万~約1,160万円
(標準報酬月額53万~79万)
167,400円+(総医療費-558,000円)×1% 93,000円
約370万~約770万円
(標準報酬月額28万~50万)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1% 44,400円
約370万円未満
(標準報酬月額26万円以下)
57,600円 44,400円
住民税非課税世帯
(被保険者が市区町村民税の非課税等)
35,400円 24,600円

※総医療費とは、保険適用される診療費用の総額(10割)です

※多数該当とは、過去1年間(直近12カ月)に4回以上高額療養費に該当した場合、 4回目からは多数該当となり、自己負担限度額が軽減されます。

計算例

●1か月の総医療費(10割分)…50万円  
●窓口負担割合…3割負担
 限度額適用認定証をお持ちでない場合…

高齢受給者(70歳以上)・後期高齢者(75歳以上)の方

区分 自己負担月額
  外来(個人単位) 外来・入院(世帯)
一定以上所得者 57,600円 80,100円+(総医療費-267,000円)×1%
(直近12カ月で4回以上高額療養費に該当した場合、 4回目からは44,000円)
一般 14,000円 57,600円(4回目からは44,400円)
低所得者Ⅱ 8,000円 24,600円
低所得者Ⅰ 15,000円

※70歳以上の方は、基本的には手続きは必要ありませんが、低所得(非課税世帯)に該当するかどうかは、市役所までお問い合わせ頂き、該当する方であれば限度額適用認定証を発行してもらって下さい。

主な手術の費用について

当院で行われている検査・手術の費用について、保険負担分の金額の目安です。参考にして下さい。

※負担割合によって金額が異なります(以下は3割負担)
※上記の限度額申請をして頂くと、金額が異なります。
※別途、食事代、部屋代、TV・冷蔵庫代、その他保険外(オムツ代等)かかります。
※患者様の状態によって手術の内容や、入院期間等は変わり、金額も変わりますのでご注意ください。

病名 手術・検査名 入院期間(おおよそ) 金額(3割負担)
下肢静脈瘤 下肢静脈瘤血管内焼灼術(片側) 1日 77,000円
尿管結石症・腎結石症 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 1泊2日 85,000円
鼠径ヘルニア 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 4泊5日 150,000円
虫垂炎 腹腔鏡下虫垂切除術 4泊5日 127,000円
胆のう結石症 腹腔鏡下胆嚢摘出術 約1週間 160,000円
乳がん 乳腺悪性腫瘍手術 約1週間 195,000円
睡眠時無呼吸症候群 終夜睡眠ポリグラフィー 1泊2日 30,000円

限度額申請や、入院費のことでご不明な点がありましたら、医事課までご相談下さい。

©shinsenkai imabari daiichi byouin