社会医療法人真泉会

今治第一病院

病気について

乳癌検診とマンモグラフィ

最新鋭 多機能マンモグラフィ装置設置へ(乳房X線撮影装置)

日本女性が最もがんにかかりやすい(罹患)のは乳癌です。まだまだ増加の一途です。
しかし治療効果がしっかり期待できることからがん死亡数は5位となっています。
早期に発見して治療を行えば大変治療成績の良いがんとも言えます。
2017年6月に新しいマンモグラフィ装置が設置されます。従来のマンモグラフィに加えて、断層撮影(トモシンセシス)と造影マンモグラフィの機能を備えています。
マンモグラフィ検査では乳房をアクリル板で圧迫して薄くすることで、画像を良くして被爆の軽減をはかってきました。それでも厚みのある乳房を評価しての診断でした。
断層撮影(トモシンセシス)が可能になると乳房の薄い断面で周囲組織との重なりのない画像診断が可能となります。乳癌発見の精度向上が期待できます。乳癌発見率を上げるとともに、不要な精密検査受診を減らすことで受診者の精神的・肉体的・経済的負担軽減となります。
また悪性度の強い乳癌では血流が豊富となります。(がんはしっかり血液を取り込んで増殖)このがん組織と正常乳腺組織との血流差を捉えてマンモグラフィ上に映し出す機能が、造影マンモグラフィです。
最近問題となっている高濃度乳房(乳房内に乳腺組織が多く存在する30歳~50歳女性)に対してもその効果が期待されています。
四国初の最新装置を駆使して乳癌の早期発見・早期治療に努力してまいります。


6月から今治市無料クーポン乳がん検診が始まりました。 当院毎週月曜日は女性医師・女性技師 すべて女性による乳がん検診の日です。 ご希望の方は電話予約が可能です。ご利用ください。 火曜日から土曜日も従来通り毎日検診しております。

女性のがん患者数・死亡数 2016年予測

女性  
部位 羅患数
全がん 434,100
   
乳房 90,000
大腸 62,500
43,200
42,600
子宮 30,200
女性  
部位 死亡数
全がん 153,700
   
大腸 24,000
22,100
16,800
膵臓 16,600
乳房 14,000

(文責:外科 戸田 茂)

©2016 shinsenkai imabari daiichi byouin